【プレスリリース】Android技術者認定試験、世界25カ国から受験者が参加 世界各国に認定リセラーを設置、全世界的な試験制度の普及拡大へ

プレスリリース:Android技術者認定試験、世界25カ国から受験者が参加
世界各国に認定リセラーを設置、全世界的な試験制度の普及拡大へ

2014年7月28日

Androidをはじめとする組み込みソフトウェアの普及を促進する団体である、一般社団法人 Open Embedded Software Foundation (以下、OESF)(所在地:東京都渋谷区 代表理事:三浦雅孝)はこのたび、Android技術者認定試験制度(以下、ACE) において、2014年6月末までに世界25カ国(累計)の受験者が当試験を受験したことを発表いたしました。

OESFは2010年11月に、優秀なAndroid技術者の育成およびエンジニアのAndroid開発スキルの可視化を目的として、世界初のAndroid技術者向け認定試験制度を開始しました。その後、2012年6月に『アプリケーション技術者認定試験 ベーシック』の英語版、2012年7月には同中国語繁体字版をリリースし、国際的な試験として広く世界から受験者を受け入れてまいりました。試験開始から約3年半の間に全世界からの受験者数は4000人を突破し、さらに2014年6月末までに、合計25カ国の方々が当試験を受験されました。これは当試験の国際的な認知度の高まり、またAndroidエンジニアの能力を図る指針の必要性を物語るものであります。

今後OESF Education Consortiumは、世界各国の教育ベンダーとの提携のもと、ACEの全世界における普及拡大に努めてまいります。その一環として、現在日本を含め世界各国の教育ベンダー各社から、ACE認定リセラーを広く募集しております。現段階でベトナム、エジプトおよび日本にACE認定リセラーが設置されており、今後各国において当試験のさらなる普及拡大が期待されています。世界各国からの受験者数が増加する中で、この認定リセラー制度は当試験の普及をはじめ、国際的なエンジニア教育の推進に資するものと確信しております。

OESFは、今後もコンソーシアムを通じて、世界各地のメンバー・パートナーおよびリセラーとの強力な提携関係のもと、グローバルなAndroidエンジニア教育事業をさらに拡大してまいります。

■ OESF Education Consortium 公式ウェブサイト
以下のウェブサイトにて、コンソーシアムの活動内容を紹介しております。
http://ace.it-casa.org/
英語版は以下のサイトです。
http://ace.it-casa.org/en/

■ ACE公式リセラー募集について
http://ace.it-casa.org/ace/authorized-reseller/
■ ACE公式リセラー募集について(英語)
http://ace.it-casa.org/en/training/make-business/authorized-reseller/

■ 一般社団法人 Open Embedded Software Foundationとは
Open Handset Alliance のオープンソースプロジェクトであるAndroid™をベースとした組込みシステムの開発、構築等の事業に携わる企業により組織され、会員企業間での技術情報の共有、ベースとなるシステムの共同開発、技術者の育成、組込み市場に対する共同マーケティング等を通じて、市場の発展と、各会員の事業の拡大を目指し組織された。詳細情報はホームページhttp://www.oesf.jp/ まで。

■ 本件の連絡先
一般社団法人Open Embedded Software Foundation


〒151-0073 東京都渋谷区笹塚3丁目11番地4 オリーブ笹塚A201

TEL/FAX: 03-6276-0445

E-mail: office@oesf.jp

■ 本リリースのダウンロード
本リリースは、以下のリンクからダウンロードいただけます。

本プレスリリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。